有機ELニュース

 

2017年5月11日 産業技術総合研究所【次世代有機EL用発光材料の発光メカニズムの謎を解明!】

 

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】分析計測標準研究部門【研究部門長 野中 秀彦】ナノ分光計測研究グループ 細貝 拓也 研究員、松 弘幸 主任研究員と、国立大学法人 九州大学【総長 久保 千春】 最先端有機光エレクトロニクス研究センター 中野谷 一 准教授、安達 千波矢 教授らは共同で、次世代型の有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)素子用の発光材料として注目される熱活性化遅延蛍光(TADF)を出す分子(TADF分子)の発光メカニズムを解明した
 

 

産業技術総合研究所研究成果ページへ